総務のひとりごと【2017年12月】

2017年12月10日
採光できて明るい玄関に(^^♪

1324385916.jpgのサムネール画像のサムネール画像

昔の玄関は窓がなく、暗くなりがちでした。収納も少なかったため、ごちゃごちゃすることも。

最近の玄関は光を通せるドアと収納により、明るく広々としています。

一昔前の玄関といえば、窓のない空間にドアと腰の高さの靴箱という組み合わせが主流でした。

ドアにはのぞき穴があるだけ。

小さい靴箱には入りきらない靴も多く、玄関には物があふれがちでした。一般的に暗い印象でした。



1324380760.jpg

最近の玄関は、明るくすっきりしています。

ドア本体や周りから採光できるものが多く、玄関全体に光を取り入れることができます。

収納容量も大幅にアップ。天井部まである大型収納にはたっぷり靴が入るだけでなく、ゴルフバッグやコートなどがしまえるタイプもあります。

散らかるものがなければ、空間はすっきりします。

広さはさほど変わらなくても、昔に比べ、今の玄関は明るく開放的です。


リフォームの第一歩に玄関を明るくしてみるのはいかがですか(^^♪

2017年12月 3日
防犯は古い鍵の見直しから(^^♪

ピッキングに強いシリンダー錠

dorobou_picking.png

玄関のドアを施錠していても、泥棒が簡単に開けられる鍵なら意味がありません。

丸い筒の中に鍵穴があるシリンダー錠は、最も一般的。

最近のシリンダー錠は壊れにくく、鍵穴の内部の組み合わせも複雑。合鍵が簡単に作れないようになっています。

交換も簡単なので、ピッキング対策としても有効です。

補助錠で1ドア2ロック

20140507121045241.jpg

防犯の基本は、1ドア2ロック。主錠となるシリンダー錠に加え、補助錠も取り付けるとよいでしょう。鍵が2つあることで、万一泥棒が来ても不正開錠を防げます。

使いやすさにも配慮されている錠が多く、2ロックでも負担なく開閉できます。

補助錠があれば防犯意識の高い家だというアピールにもなり、泥棒が近寄らなくなる効果も期待できますね(^^♪

  • 1