社長 安倍勇のオフィシャルブログ

2020年10月17日
リコールプレイバック2

リコール発覚してからの続きです。

私のように10年以上経過してしまった方

新築された会社が倒産してしまった方

新築された会社さんが対応してくれない方等など

の場合はどうしたらいいのでしょうか?


まずは自分の家のキッチンパネルがリコール商品なのか?

確認することが大切です。


なのでTOTOさんに問い合わせてみると・・

当時、大建さんで製造していたパネルだったとわかります。


その後、11年経過した経緯をお話します。

私の場合はメーカーさんや建築された会社からの情報がなかったことを

説明しました。

ポイントは怒ってはダメです。


するとTOTOさんから謝罪のFAXや大建さんからも大変ご迷惑やご心配を

おかけして申し訳ございません。責任もって交換させて頂きたく

現場確認をさせてください。と電話がありました。


おかげさまでリコール商品は交換してくれることになりました。


私はよくお客様にスマイルさんは、水廻りメーカーさんが

たくさんあるのにTOTOさんばかり勧めてきますが

なんかあるのですか?(リベート)と良くきかれますが

私がTOTOさんや大建さんの商品を使うのは、建て終わっていても

きちんと対応してくれるのが理由なんですよ。


もちろん商品の良い悪い・高い安いもあると思いますが、ショールームの対応・担当営業マン

など・・会社は対応してくれなくてもそこに働く人が対応してくれたり教えてくれたりします。

だから私は【たいおうしてくれる人・かかわってくれる人】を判断基準としております。