ミスターX オフィシャルブログ

ハッピーリフォーム ホーム >ミスターX オフィシャルブログ

2017年5月28日
ペットの足を守る?フローリング(^^♪

ここ最近ではフローリングの床がほとんどの家で当たり前になってきています。しかしながら実は、室内で犬を飼っているご家庭にこのフローリングが向いているとは言えません。

pet_kega_kossetsu.png

犬の足は、フローリングの上では滑りやすいのです。家具から飛び降りたときや、歩き回る間に、骨折や脱臼などの足腰のトラブルを起こしやすくなります。犬の関節はさほど強くなく、滑りやすい床では関節を痛める危険があります。

そこで、歩きやすさに着目した、ペット対応のフローリングがあります。表面に滑りにくいコーティングがあり、安全に歩くことができます。滑りにくさはカーペットと同じ程度です。フローリングの種類もペット専用のアンモニア対策のされたクッションフロアだったり、タイル調だったり、コーティング剤だったりいろいろあります。

pet_dog_boy.png

犬の足腰が弱ってきたと感じる方や老犬を大事にしたい方、愛犬の怪我を経験された方はもちろんこれから飼うことをお考えの方も選択肢のひとつに考えてもいいのではないでしょうか(^^

2017年5月21日
浴室のリフォームの際は窓も一緒に交換して賢く健康的に(^^♪

浴室のリフォームをする際に、予算をかけたくないからとの意向で、窓は前のまま使う場合も多くあります。

heat_shock_roujin.png

しかし、古いタイプの窓は、そのほとんどが1枚ガラスです。1枚ガラスは断熱性が低いために、冬は外の冷気が室内に伝わり、浴室が冷えてしまいます。

一体型のユニットバスを入れても窓から冷気が入ってきてはせっかくの保温性がもったいない。

そのため浴室のリフォームをするなら、窓の交換も一緒に行うことが理想です。

これまでのリフォームといえば、外壁を切ったり、2階以上なら足場を組んだりと、大がかりな工事が必要だったり、時間も費用もかかるのが一般的でした。しかし、最近では、手軽に短時間で低コストの商品がぞくぞく登場しています。

既存のサッシの枠の上から、カバー材をかぶせるカバー工法で取り付けるタイプなら、外壁を切る必要がありません。

時間もかからずに費用も大幅に抑えることができます。

どのメーカーにも対応しているので、ほとんど一般的な窓には施工できます。1窓当たりのリフォームは約2時間で完了します。

もちろん窓だけのリフォームも可能です。窓を替えるだけでも、室内に入り込む冷気が抑えられ、ヒートショック対策としても有効です。

pea2.jpg

さらに複層ガラス(2枚のガラスの間に空気層を持たせたガラスで外気温の影響をうけにくい。)なら結露対策にもなりますよ。

窓は、浴室の断熱を考える際にとても重要な場所です。手軽にできる窓リフォームがあるので、浴室リフォームの際には窓の交換もご一緒に検討してみてください。

2017年5月14日
エアコンの冷房は弱運転にする?それとも自動運転?(^^♪

5月も半ばを過ぎて、だんだん暑い日も増えてきました。

20110512164907792.jpg

エアコンもきれいに掃除をしていよいよいつでも使える準備ができました。さて、エアコンの冷房は、弱運転にしますか?それとも自動運転にしますか?    

電気代が気になり、初めから微風運転や弱風運転にしていませんか?実はこれが逆に、電気代を高くしてしまうことがあります。

また、部屋が涼しくなったらスイッチを切り、暑くなったらスイッチを入れる、というようにこまめにオン・オフを繰り返すのも、かえって電気代が高くつく原因に。


shikke_atsui.png


冷房で一番電気を使うのは、室温の温度を設定温度に下げるまでの間です。設定温度が下がった後は、電気をあまり使わないので、短時間で設定温度に下げてしまう方が、電気代がかからないのです。自動運転で一気に室温を下げ、そのまま室内温度を一定に保っておくほうが電気代を節約できますよ(^^

2017年5月 7日
家の劣化を見逃さないで?梅雨前の今がチャンス(^^♪

ゴールデンウィークが終わったこれからが各自治体での健康診断の季節ですね。人も家も健康診断はとても大切なものです。

早期発見、早期治療のおかげで大事に至らずに軽いメンテナンスで済むのです、家も人も同じですね。

img05.gif

長く暮らしてきた家。大丈夫のつもりでも年を追うごとに不具合がでてくるものです。適切なメンテナンスを行うためにも、まずは建物の状態を把握しましょう。

特に外回りの屋根と外壁は、特に痛みやすいところです。

紫外線や風雨にさらされ放っておくと雨漏りや建物の自体の劣化を早めてしまいます。重要なポイントです。

 今回は「外壁」の誰にでも確認きるチェックポイントをご紹介しましょう。

  コケや汚れはないか?

  塗装の浮き(や粉浮き)や汚れはないか?

  ヒビ割れはないか?

  さびはないか?

  コーキングの劣化はないか?

house_boroboro.png

 気になるところがあれば、専門の業者さんに診断をしてもらいましょう。

補修がすぐに必要かどうかはもちろん、劣化の進み具合や補修の時期、費用もおおよそ教えてもらいましょう。

もし修理が必要であっても、早期にメンテナンスをすれば、修繕費用も安く済みます。これらを見逃し傷みが進んでしまうと、修繕費用が大がかりになり工事費用も高くつくことに。

ie-530x427.png

 建物も人間の身体と同じで定期的な健康診断と、早期発見、早期治療が大切。信頼できる工務店やリフォーム会社を見つけておくのも大きな安心につながります。築年数に応じた診断と適切なメンテナンスを続けて、住まいの健康を守りましょう(^^

2017年5月 7日
年々向上していく性能!エアコン省エネ編(^^♪

setsuden_airconditioner.png

エアコンの省エネ性能は、10年で驚くほど進んでいます。

同じサイズのエアコンでも同メーカーで10年違う製品では、なんと年間で約25%も節電効果がアップしているといいます。

しかし、エアコンの進化は省エネ性能ばかりではありません。


多機能化を遂げ、自動でさまざまな動きをしてくれます。

eakon_samui.pngのサムネール画像

部屋や人の温度を感知し、自動で冷暖房をしてくれる製品が増えているのです。

エアコンに内蔵されたカメラやセンサーにより、壁や床、人の温度を常に見張っていてくれます。リモコン操作の必要もなく、エアコンが勝手に最適な温度と風向きで運転してくれるので、無駄な運転がなくなり、ますます省エネになるともいえますね。


eakon_reibou.png

エアコンの冷えが悪くなってきたなと感じたら、思い切って買い替えも検討してみてはいかがでしょうか。ランニングコストも抑えられますよ。エアコンは多機能でより暮らしを快適にしてくれるものへと進化しているのです。

多機能エアコンでこれからの暑い季節快適に(^^