ミスターX オフィシャルブログ

ハッピーリフォーム ホーム >ミスターX オフィシャルブログ

2017年10月29日
いいとこ取りのアルミ樹脂サッシ(^^♪

昔は木製のサッシが使われていましたが、昭和40年代からはアルミのサッシが住宅に普及してきました。

11031090868.jpg

アルミサッシの特徴は、隙間風がなく雨漏りしないところ。

でも、断熱性が低く結露が出来やすい問題点がありました。

寒い季節に銀色のサッシに触れ、ヒヤッとした経験がある方も多いでしょう。

publicdomainq-0003234vubxjf.png

最新のサッシの主流は、アルミ+樹脂のサッシです。対候性が高いアルミを外側に、断熱性の高い樹脂を室内側に取り入れたのが、アルミ樹脂サッシです。



簡単にいうと、↑外側がアルミサッシで室内側が ↓樹脂サッシです。

bouon-inplus.jpg

最近の樹脂は木の質感も再現でき、インテリア性が高くなっています。

広く普及したアルミ樹脂サッシでは、冬の結露やヒヤッと感もかなり改善されてきました。

さらに新しいものでは、樹脂サッシも登場しています。

いいとこ取りのアルミと樹脂の複合サッシに替えてみませんか(^^

 

2017年10月29日
土浦全国花火競技大会に行ってきました(^^♪

今年も土浦市の桜川の畔で土浦全国花火競技大会が開催されました。

台風後のあやうい天気の後なので、ひょっとして中止かとも思われましたが、

夕方から晴れてきて無事に開催されましたね。

hanabi5.jpg
hanabi4.jpg
























今年も人ごみを避け、秘密の場所で観賞?夕飯?見に行ったか食べに行ったか?

たくさんの出店も楽しみの一つですね。

いっぱい買ってたくさん食べてしまいました。

hanabi1.jpg
hanabi2.jpg































hanabi3.jpg


スターマインの部も10号玉の部も茨城県地元の野村花火工業㈱さんが優勝でしたね。

おめでとうございます(^^♪

また来年もこれれば見たいと思います(^^♪


2017年10月 1日
汚れがさっと拭き取れる清潔な畳(^^♪

「掃除の手間がかかりそう」「汚れが染み込みやすいのでは・・・」と、心配する方も多い畳の部屋。しかし最近では、掃除の簡単な畳が登場しているので安心してお使いいただけますよ(^^

これまで、畳表の材料とされてきた「い草」は、水に弱い性質がありました。

jqn45_cs__2.jpg

そこで、い草の代わりに和紙を樹脂コーティングした畳が登場しました。表面の樹脂が防水・防汚の役割を果たすため、何かをこぼしてもすぐに拭き取ることができます。染み込まないので、シミになりにくいのもうれしいですね。汚れたべたつきが気になったときには、サッと水拭きをすればさっぱりします。耐久性にも優れており、気になるケバ立ちや変色の心配もなく、美しさが長持ちします。

zoukingake.png

他にも畳表の内側に防水シートが入っていて、水を全く通さない畳もあります。水がかかっても大丈夫なので、洗剤とブラシでゴシゴシ丸洗いができるのです。これなら、ペットのニオイがついても、そそうを見つけても洗えるので気になりませんね。

畳は大切な日本の文化のひとつです。最近では、畳の部屋のない間取りも多くなってきましたが、高性能な製品の登場で以前より生活に取り入れやすくなっています。

畳の交換の機会があれば、これらの快適で清潔な畳の部屋で和の暮らしを始めてみませんか(^^

2017年9月17日
台風から家を守る防災瓦(^^♪

img008.gif

現在も大きな台風が接近していて心配ですね。

毎年台風のやってくる時期は8月から9月というイメージですが、年々早くなっています。

これらのシーズンを迎えると早めに屋根の整備など台風対策をしっかりやっておけば良かったと思います。

風や雨に強い瓦は、防災瓦です。

1179_14kawara3.jpg

この写真では、下のアームと上のかわらのロックががっちりと組み合っています。

他の防災瓦も仕組みに違いはありますが、いずれも瓦同士がかみ合っている構造です。

強い風が吹いたときには、特にその性能が発揮されます。

1_073.jpg

防災瓦は、公的な試験機関での耐風圧試験でも、その強さが証明されています。

大切な住まいですから、台風など天災を気にすることなく安心して暮らしたいですね(^^

2017年9月 3日
温水洗浄便座の交換でプチリフォーム(^^♪

使い込んだトイレは、掃除しても思ったようにきれいにならないものです。

トイレを交換したいけれど、手間もコストもかかるのはちょっと・・・と、リフォームになかなか踏み切れないという人も多いはず。

そんな方におすすめしたいのが、温水洗浄便座だけを新しいものに変えるプチリフォームです。

toilet_washlet.pngのサムネール画像

温水洗浄便座には暖房や洗浄機能がついて価格も手ごろ、工期も最短でできるものが増えています。

価格は、工事費を含む便座代などです。工期は1時間程度から交換できます。

新しい温水洗浄便座は脱臭・節電・節水機能に優れた物が多く、ノズルの手入れも簡単で清潔に保ちやすくできています。使う前には、自動で水をスプレーして、便器の汚れを防ぐものもあります。


交換できないものに注意!!

 便器によっては、サイズの違いや便座交換ができない古いタイプもあります。便座と便器でサイズが違っても取り付けられる場合がありますが、見た目に違和感が出る場合もあり、要注意です。

反対にサイズは合っていても外国メーカーの便器には取り付けられません。

illust3426.pngのサムネール画像のサムネール画像

そのほかに、温水洗浄便座を取り付けるには、水が分岐できる止水栓や電源コンセントがあることも不可欠です。

便器と便座が違っていても取り付けられる場合もありますので、詳しくはご相談のときに確認していただくことをおすすめします。


主婦目線でお掃除もしやすく改良していて、時間の短縮にもなりうれしい限りです。

  便器鉢内の雑菌や汚れが除菌されるもの

  便器と晩座の隙間の汚れが掃除時に便座が上がり掃除しやすくなっているもの

  便座の継ぎ目の汚れが目立たないものや、継ぎ目が無いタイプ

・ノズルの汚れが見えずにカバーがついているもの

・ノズル自体に汚れが付着しないようになっているもの

などなど

最近は、どんどん清潔に便利になっています。

 56年前の便座を使っている方や、便座の取替えを考えている方は、最新のものに交換すると便利で快適なトイレになりますよ(^^