塚本 柳三郎 オフィシャルブログ

すまいるリフォーム ホーム >塚本 柳三郎 オフィシャルブログ

2018年1月28日
湯渡軍団参上(^^♪

1月中旬の大雪が降る直前に仙台入りしてきました。

駅構内の軍団ポスターで爆笑(^^

湯渡軍団.jpg

あの伝説の軍団が帰ってきた。宮城の湯を渡るために・・・

冬の宮城に隠された魅力を徹底捜査!

一瞬本物か?

と思ってしまいました。

ボスはゆうたろうでした。

(やっぱり)(^^♪

 

2018年1月28日
手軽にできる耐震対策 短い工期と少ないコストで耐震の壁(^^♪

耐震工事は大変というイメージはありませんか?

地震大国の日本では、安心して暮らすための耐震施工は必要不可欠です。

20131226182102.jpg

これまでの一般的な工法は天井や床を壊して筋交いを入れるか外壁を補強するもので、大がかりな工事でした。

耐震リフォームのひとつとして注目したいのが室内に設置する「耐震壁」です。

(画像/大建工業HPより)

最近では、天井や床を剥がさず工事できる耐力壁が登場しています。

p5_1.jpg

補強の金物などの上に、耐震パネルを取り付けます。上からクロスを貼れば完成です。和室、洋室問わずに施工できます。

筋交いや外壁補強の工事より工期が短縮し、コストを削減できます。住みながら工事ができて、仮住まいをしなくてもよいのもうれしいところです。

 

2018年1月14日
外壁をきれいなまま保たせる防汚塗料で、 塗り替えスパンを延ばす(^^♪

house_reform.png

外壁はメンテナンスのために数年に一度くらいの割合で、塗り替えが必要です。

塗り替えには費用も手間もかかるので、せっかくならきれいさが長持ちする塗料を選びたいものですね(^^



負担の大きい塗り替え工事

house_boroboro.png

外壁の劣化を放っておくと、外壁に影響があるだけでなく、雨漏りなど重大な問題につながりかねません。

でも足場を組む外壁の塗り替え工事は大変ですよね。頻繁に行うわけにはいかないので、できるだけ塗り替えの間隔は長くしたいもの。それなら、次の塗り替え時期を先延ばしにできる塗料をえらぶといいでしょう。

汚れを洗い流す防汚塗料!

photo02.jpg

塗り替えた外壁を長い間きれいな状態で保つためには、防汚性の高い塗料を使うことがおすすめです。防汚塗料とは、汚れにくく、たとえ汚れても汚れが落ちやすい塗料のこと。

多くの防汚塗料は、親水性を利用して汚れを洗い流しています。

水となじみが良い親水性の性質が大事です。水滴を作って水をはじく撥水性と真逆の性質である親水性の表面では、水滴を作ることなく流れていきます。

無題-2.jpg

親水性を高めるために、防汚塗料にはさまざまな工夫があります。たとえば、セラミック成分が配合されたものでは、塗装の表面にセラミックの膜ができます。水のなじみがよく、排気ガスなどの汚れがつきにくくなります。

また、光触媒を利用したものもあります。太陽の光を浴びると、表面に触れたチリやほこり、有害物質が付着するのを防ぎます。

長い目でみればお得

セルフクリーニングを可能にし、きれいが長持ちする防汚塗料は一般的な塗料に比べ割高といえます。

しかし、塗り替えの回数を減らせるので施工費が抑えられるため、長期的にみればコストを削減できそうですね(^^

2017年12月10日
採光できて明るい玄関に(^^♪

1324385916.jpgのサムネール画像のサムネール画像

昔の玄関は窓がなく、暗くなりがちでした。収納も少なかったため、ごちゃごちゃすることも。

最近の玄関は光を通せるドアと収納により、明るく広々としています。

一昔前の玄関といえば、窓のない空間にドアと腰の高さの靴箱という組み合わせが主流でした。

ドアにはのぞき穴があるだけ。

小さい靴箱には入りきらない靴も多く、玄関には物があふれがちでした。一般的に暗い印象でした。



1324380760.jpg

最近の玄関は、明るくすっきりしています。

ドア本体や周りから採光できるものが多く、玄関全体に光を取り入れることができます。

収納容量も大幅にアップ。天井部まである大型収納にはたっぷり靴が入るだけでなく、ゴルフバッグやコートなどがしまえるタイプもあります。

散らかるものがなければ、空間はすっきりします。

広さはさほど変わらなくても、昔に比べ、今の玄関は明るく開放的です。


リフォームの第一歩に玄関を明るくしてみるのはいかがですか(^^♪

2017年12月 3日
防犯は古い鍵の見直しから(^^♪

ピッキングに強いシリンダー錠

dorobou_picking.png

玄関のドアを施錠していても、泥棒が簡単に開けられる鍵なら意味がありません。

丸い筒の中に鍵穴があるシリンダー錠は、最も一般的。

最近のシリンダー錠は壊れにくく、鍵穴の内部の組み合わせも複雑。合鍵が簡単に作れないようになっています。

交換も簡単なので、ピッキング対策としても有効です。

補助錠で1ドア2ロック

20140507121045241.jpg

防犯の基本は、1ドア2ロック。主錠となるシリンダー錠に加え、補助錠も取り付けるとよいでしょう。鍵が2つあることで、万一泥棒が来ても不正開錠を防げます。

使いやすさにも配慮されている錠が多く、2ロックでも負担なく開閉できます。

補助錠があれば防犯意識の高い家だというアピールにもなり、泥棒が近寄らなくなる効果も期待できますね(^^♪