社長 安倍勇のオフィシャルブログ

2017年4月21日
屋根塗装後のトラブル

明日の見学会での網戸貼りをマスターしやる気満々の代表の安倍です。


しかしレクチャーを受けながらサッシ屋さんに『網戸張替キャンペーンやったことある?』と

尋ねると、『はいありますよ。阿見町の住人の方限定でチラシを配布しました。』

安倍「で?どうたくさん来た?」

サッシ屋「最初は私たちもたくさん来ると思って広い駐車場に何台も張替る場所を設営したのですが

結局、ご近所の方が小さい網戸を持ってこられた方が5件でした」

安倍「がーん。。5件 しかも阿見町の世帯全部にチラシ撒いて5件かぁ・・・」

ハナコ「社長!網戸のニュースレター900件しか配布してませんよ。」

安倍「せっかくやる気出してマスターしたのに・・・1件か2件くればいいほうかな?」

サッシ屋「なんか幅900×高さ900までの網戸がやっと車に乗せられるらしく大変みたいです。

だから掃出しサイズは無いと思います。特に9尺W2700の網戸は無理ですね。。。」

安倍「とにかく1件でも来てもらえるように宣伝するしかないな!」

4月22日(土)23日(日) 牛久市役所前会場にて

『絶対お得ヨ 網戸張替キャンペーン』開催しています。
s-20170418163140_00001.jpg

さて春と言えば塗装メンテナンスの時期です。

でもせっかく塗装しても雨漏りしては台無しです。

特にコロニアル屋根材を塗装して手抜きされると『雨漏り』しますので

価格だけではない信頼できる業者さんに依頼しましょう!

雨漏りした原因が屋根塗装の『縁切り』という作業を行わなかった場合

塗装屋さんに文句を言うと『それは別料金です』との回答で言われ

雨漏り修繕保証をしてくれないそうです。


ほとんどのリフォーム会社や個人塗装屋さんは加盟しておりません。

万が一の為にリフォーム工事は第三者保証機関の検査を受けた安心の

雨漏り保険など加入している業者さんに依頼しましょう!

当社は保険保証はきちんと完備しており、工事も作業工程ごとに履歴を残しております。

取手市 H様邸 屋根塗装工事にて
s-IMG_2195.jpg
屋根材同士が塗装後くっつかないように縁をきります。

縁を切らないと水が進入した際逃げ道が無くなり、屋根材の裏で

毛細管現象がおこり雨水がたまり、防水シートを浸透して室内に

雨漏りを起こします。


また屋根材も2回、3回と塗装された場合は、縁切りだけでは

くっつく恐れがあるので『サペーサー』を入れます。
s-IMG_2196.jpg

塗装見積もりで少しでも安価に仕上げようと金額だけを比較するは

危険です。

必ず作業内容を確認してくださいね。

s-IMG_2194.jpg