アルルリフォーム 社長 安倍勇のオフィシャルブログ

2014年1月14日
新春万福【しんしゅん・ばんぷく】

あけまして あめでとうございます。

って・・・もう1月14日ですね・・・
昨年は皆様のおかげで無事に新しい年を迎える事ができました。
お陰様で、arleリフォーム事業部もたくさんのお問い合わせを頂き

本年もスタッフ一同
代表兼営業の安倍
施工管理の塚本
福祉住環境アドバイザーの北原
総務経理の黒瀬

「地域密着リフォーム」に専念する所存でございますので
なにとぞ昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

本年も皆様の「新春万福」をお祈り申し上げます。
  -しんしゅん・ばんぷく-
新しい年に幸福の多いことを願う。

さて、年明けそうそう昨年のお問い合わせ頂いたお客様の
図面や見積もりに追われている@安倍です。

仕事もそうですがこの時期は平成26年度の事業計画も立てなくては
いけないので、バタバタして今年も始まってます。

そんなこんなで建てたリフォーム部のミッション
「多くの方に笑って頂く」
どうです?自分なりに自己満足してるんですが意味が深いんですよ。。

お客様に笑って頂くには、まずは自分が笑っていないとダメです。
そしてリフォームを通して、さらにお客様に笑ってもらい
また職人さん達も笑う。

気づくと・・・みんな笑ってら・・ってなるよう頑張ります。

1月のお悩みご相談件数 第1位は!
「結露です。」
窓についた水滴は衛生面や建物へのダメージも大きいことをご存じでしたか?

※そもそも結露はなぜ起こるのか?※
結露の正体は、空気中の水蒸気です。温かく湿った空気が冷たいものに
触れると、その空気は水滴に変化します。
冷たい飲み物が入ったコップに付いた水滴も同じメカニズムです。
この水蒸気を発生させているものは、お風呂やキッチンの蒸気、灯油などの暖房器
洗濯機などがあります。

※結露を防ぐには?※
結露防止の基本は換気をすることです。窓を開けることで、温度と湿度は下がります。
しかし寒い時期は、なかなか気が引けてしまいます。
そこで結露を防止する方法として、
既存の窓ガラスを「ペアガラス」に交換する
もしくは
既存の窓の内側へ「二重サッシ」を設置して
後付け24時間換気扇で強制換気をする。
この方法が今の所、効果が得られ施工されたお客様は笑ってます。

ぜひ結露でお悩みのあなた様も効果的に結露を防ぎ、温かいお部屋で冬を
過ごして笑ってみませんか?
お困りごとお見積りなどございましたら、なんでも
0120-49-0704の安倍まで
お気軽にお電話くださいね。

付録 お悩みご相談 第2位
「朝、お湯が出ない。」
この時期、多いのが配管の凍結です。
最近の配管は、破裂こそ少なくなりましたが、それでも凍ってしまうと
お昼過ぎまでお湯が出ません。

お金を掛ければ配管を「電熱線で巻く」方法がありますが
実を言うとこれでも凍結するときはします。
なぜ配管を温めているのに凍るのか?
それは温めてられない部分が凍ってしまっているからです。

凍ってしまったお客様へ以下のことを尋ねると・・・
@安倍:「お風呂のお湯はいつ排出してますか?」

お客様:「結露がひどいから夜です。」
これでは、給湯器から配管までが空になり凍ってしまします。
真空状態でしたら凍りませんが配管は低いところで水がたまっています。

では、いつ排出すればいいのか?
それは「朝です。」
結露が嫌だから夜排出しているのに・・朝じゃもっとひどくなりそう。。しかし!

中には朝排出しているのに凍ってしまったというお客様も
いらしゃいました。
「ゃぁどうすればいいんだよ!」朝でも凍る?

その場合の原因は、「給湯の電源を強制的に切っている」からです。
エコ給湯などは自動保温タイマー機能が付いています。

我が家は5時間セットで、夜7時にお湯をはり、12時で保温が切れる
様になっています。
42度設定のまま朝まで蓋をして置くのです。
蓋をしないと上記の結露に悩まされますよ。
この状態ですと浴槽から給湯までお湯が凍るほど
水は冷たくなりませんので、凍結防止になります。

ぜひお試しになり、温かいお湯で顔を洗い笑って
仕事に行きましょう!

久しぶりに更新するとおしゃべりが止まらない@安倍でした。
あなた様にコツコツと少しでもお役に立てる情報や経験を
お伝えして行きますので今後ともご購読していたけますよう
お願いもす。                       合掌
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.490704.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/900

コメント

そっくり、そのままチラシにしてみたら・・・絵と文字とあなたの写真と加えて・・・

新聞風の輪転機印刷チラシ

集客というより。みんな笑えるよ。 目立つよ


折込は3円
印刷は一枚 0.8銭
紙を含んで

約4円


毎月1回

いちばんやりたい地区に
まいたらどう?

テストです テスト

1件も問い合わせが泣ければ
笑えばいい。


投稿者: アンバイ | 2014年1月30日 22:50

電話で相談したい方 0120-49-0704 営業時間 8:30~17:30 休業日 毎週水曜日 隔週火曜日

メールでお問い合わせ